MistiRoom

旅することと、語ること。自由であること。

『ゾンビランドサガ』が高度すぎる "やりたい放題" でたまらない

こんにちは、Mistirです。久々に「やべぇ」アニメが出てしまった。早々に女の子が陵辱される『ゴブリンスレイヤー』…… www.goblinslayer.jp ……も、相当に攻めてはいるのだが。どちらかというと、これはこの世界におけるゴブリンの恐ろしさや残忍さを愚直に描…

検索できない場所へ、旅に出よう【後編】

こんにちは、Mistirです。 今回は前回の続きです。 mistclast.hatenablog.com 決して検索ではたどり着き得ない場所のお話。今回はちょっと重めのお話と、ちょっとしたブログの告知的な何かです。 //

検索できない場所へ、旅に出よう【前編】

こんにちは、Mistirです。最近東浩紀の『弱いつながり 検索ワードを探す旅』を読んだ。 弱いつながり 検索ワードを探す旅 (幻冬舎文庫) 作者: 東浩紀 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/08/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 東浩紀…

平成の終わりに、進化したネット依存について考え直してみる

こんにちは、Mistirです。思いつきで一週間ほどTwitterとニコ動とYouTube、その他ネットサーフィンを断ってみた。 すると、色んなことが見えてきた。 //

今の世界で自由に生きられるほど、僕らは強くない (あるいはラブホの話)

こんにちは、Mistirです。今から語ろうとしていることは、しょうもない話だ。くだらない話だ。だけど、そんなしょうもない話を徹底的に突き詰めると、結論はそうなってしまう。「(だいたいの) 人は自由でいられるほど、強くない」と。まぁ、お酒でも飲みなが…

差別のことを考えたくない

こんにちは、Mistirです。正直、こんなことを書いても何のメリットもない。強いてあるとするならば、僕の思考がクリアになるだけだ。それ以外は多分、全部がデメリットだ。差別のことを考えたくないと、タイトルで書いた。でも本当のことを言えば、「僕が差…

「自由」と真剣に向き合うこと。あるいは真剣に向き合ってこなかった僕らへ

こんにちは、Mistirです。最近「自由」のことばかり考えている。……というと、哲学的命題に取り憑かれているみたいになってしまうけれど……僕の言う「自由」は、なんというか。もっと低レイヤーの、ある意味では「しょうもない」自由だ。例えば、嫌な人に嫌だ…

「好きなことをやるべき」という呪いが解けた話

こんにちは、Mistirです。最近ずっと悩んでいた。理由はよくわからない。モノを一気に捨てたせいかもしれないし…… mistclast.hatenablog.com 暑さにやられていたのかもしれない。いろいろなことがどうでも良くなっていた。全てが面倒くさかった。自分が何を…

スマホを捨てるな、旅に出よう

こんにちは、Mistirです。iPhone8plusを買った(過去記事参照) mistclast.hatenablog.com 大正解だった。全てがこの中で完結する。スマホ依存?上等だ。僕の脳は、あるいは僕という存在は、このスマホの上にある。それで何が悪いのだ。できるなら、いっそのこ…

「人生最適化症候群」という病

こんにちは、Mistirです。「人生最適化症候群」という病名をご存知ですか?知らないですよね。ついさっき僕が考えましたから。この症状に罹患すると、「結婚できない」「彼女ができない」といった症状を発症し始めます。それだけだと良いのですが、この病の…

ミニマリズムが最強の宗教である

こんにちは、Mistirです。最近ミニマリズムに目覚めました。 ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - 作者: 佐々木典士 出版社/メーカー: ワニブックス 発売日: 2015/06/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ …

【Mistirの映画紹介 第一回 】『愛の渦』……人のセックスは、笑える

こんにちは、Mistirです。突然始まりました新コーナー!「Mistirの映画紹介」です!!!このコーナーでは、AmazonプライムやNetflixで気軽に今すぐ観られる面白い映画を、さらに面白く観るためにMistirくんが重大なネタバレを避けながら面白おかしくサクッと…

『万引き家族』が描いたのは、究極の「グローバリゼーション」だった

こんにちは、Mistirです。昨日話題の『万引き家族』を観てきた。……結論を言えば。「大傑作」でした。監督がインタビューでやや政治的な発言をしたこともあって、毀誉褒貶の落差が激しい作品ではあったんだけど、この作品はどう考えても「政治的枠組み」に収…

オッス!オラアル中!

オッス、オラアル中!Mistirです!……酒飲むの、週3〜4日だし、アル中だと思ってなかったんすよ。自分のこと。別に毎日飲みたくなるわけじゃないし。……でも、多分僕アル中だ。多分、この記事をお読みの「いやー自分も酒飲むけどアル中じゃないわー」って思わ…

このブログのこと、僕のこと

こんにちは。初めての方、はじめまして。いつもお読み頂いている方、ありがとうございます。Mistirと申します。このブログに興味を持っていただきありがとうございます。結論を言えばこのブログは「筆者Mistirが好きなように思ったことを書くブログ」なので…

【名作か迷作か】『正解するカド』とは結局何だったのか、総集編で何が起こったのか

こんにちは、Mistirです。アニメファンならば、誰しも一つくらい、大きな思い入れがあるアニメがある。例えば、圧倒的感動を与えてくれた大傑作。 mistclast.hatenablog.com 例えば、圧倒的社会現象を巻き起こした怪作。 mistclast.hatenablog.com 例えば、…

呪われて生きてたことに気付いて、それが解けて、別の呪いに気付いた話

こんにちは、Mistirです。僕は東京で働くエンジニアなのだが、たまに何もかもを投げ出したくなるときがある。技術屋としてあまり前向きにやれてる気はしていないし、たまに何もかも投げ出したくなる。そうでなくても半年ほど前から引きずっている女性関係の…

格好良いオトナになりたい

こんにちは、Mistirです。ずっと、格好良いオトナっていうよりも格好良い人間、格好良い男っていうのは自分の好きなことを自信持ってやってる、ブレない男のことだと思っていた。周囲の目も気にせず、自分を貫く存在。僕はずっとそうやって生きてきた。ある…

吾輩は陰キャである

吾輩は陰キャである。名前をMistirという。どこでこうなったのか頓(とん)と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でわんわん泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは陽キャという人間中で一…

『宇宙よりも遠い場所』が僕らに残してくれたもの

こんにちは、Mistirです。「生きていてよかった」。そんな夜を探していると、フラワーカンパニーズは『深夜高速』で歌った。 www.youtube.com 「生きていてよかった」。そう心から思える作品に出会えることは稀だ。僕らはいつも、何かの作品に対してクソだの…

「潜在的差別主義者」を「正しさ(あるいはポリコレ棒)」でぶん殴って一体どうなるの?

こんにちは、Mistirです。話題になっている記事がある。 yuhka-uno.hatenablog.com 以前話題になった記事 withnews.jp に対する(概ね批判的な)批評なのだけれど、この記事が結構絶賛されている。筆者の宇野ゆうか氏のことを僕はよく知らないのだけれど、この…

音楽、そして僕の中にある余白

「音楽を聴かなければならない」 脅迫観念めいたそんな考えが急に心に湧いた。

情報に溺れず、情報を探すということ

SNSから離れています。 mistclast.hatenablog.com そして、なんというかできればニュースも見たくないです。もう僕は政治に触れたくないです。多分お気持ち分かってくれる人も多いと思う。そして最近、僕は『宇宙よりも遠い場所』の第一話を見ました。 yorim…

「僕は変人だ」、それはいつしか呪いとなった

「自分は変人だ」と言う奴は変人じゃない。とても有名なテーゼであり、しかも高確率で当たる。「私変人って言われるんです~」と、その定型文を定型文のまま語る人はあまりお目にかかったことがないが、それに近しいことを言う人がホンモノの「変人」である…

Twitterよりテレビの方がマシだったのかもしれない

こんにちは、Mistirです。Twitter依存です。長いこと気付いていたけれど、何度やめようとしても戻っていた。結局のところ、「Twitterが自分にとってクリティカルに有害である」ってことに気付いてなかったのかもしれない。でも今は、確信に近い。タイトルは…

「納車しました」は正しい日本語なのか

こんにちは、Mistirです。僕はTwitterでバイクのオーナーさんをたくさんフォローしているのだけれど、どうやら車・バイク界隈でにわかに賑わっている話題があるようだ。「納車しました」が正しい日本語なのか否か、という問題だ。一部の過激派(?) は決して…

偏差値だけが、僕をこの世界で承認してくれていた

こんにちは、Mistirです。タイトルにあるようなロクでも無いことを考えていた。書こうか書くまいか悩んでいたけれど、ある記事を読んで決心がついた。 p-shirokuma.hatenadiary.com 僕は自分のことを「高学歴」って言っていいのかわからない。というか、一応…

結局、『おかあさんだから』に対する批判は「妥当」だったのか?

こんにちは、Mistirです。最近物議を醸していた、絵本作家の "のぶみ" 氏作詞による『おかあさんだから』という作品。 www.huffingtonpost.jp僕はなんとなく、「たまたまこの世に生まれたに過ぎない一曲」に対して深く突っ込むのもなぁ、と思って距離を置い…

僕らはイキリオタクとして生きていく

こんにちは、あけましておめでとうございます。Mistirです。昨年から「イキリオタク」っていう言葉がよく聞かれるようになってきた。まぁ旬はかなり短く、既に「死語」の雰囲気さえも漂っているけれど。ふと新年、独りでいろいろなことを考えていると、この…

ブログ:MistiRoomで過去にバズった記事まとめ

こんにちは、Mistirです。だんだんもうこのブログ、なんのブログか本当にわからなくなってきた。筆者が書きたいこと書いてるだけだから仕方ない。第一、この筆者も何者なのかよくわからない人も多いと思う。それは追々自分語りするとして……過去記事を一度、…