MistiRoom

旅することと語ること。自由であること。

「記者は国民の代表」と言ってプチ炎上したジャーナリスト:清水潔氏のこと

こんにちは、Mistirです。

この件。

このツイートがプチ炎上してたんだけど、「まぁ当然だよなぁ」って話。

で、実は僕はこの清水潔って方、「凄い人だ」とは思ってる。
ただ一方、Twitterでの振る舞いがあまりよろしくないので、「もうちょいネットリテラシー学んだほうが良いよなぁ」とも思ってる。

少しだけ語ろう。

 

続きを読む

筋トレブームと、やりたいことが何もないということ

ども、Mistirです。

最近、筋トレがビミョーにブーム……な気がする。
マイブームでもあり、なんとなくだけどTwitterでも徐々に流行り始めてるような。

僕が以前書いたこの記事も結構ウケた。 

mistclast.hatenablog.com

 
でも、「何故今筋トレなのか」って考えてると……
なんとなく寂しい仮説が生まれてしまった。

現代で僕らが求めているもの。
現代で僕らが得られないもの。
その正体。

今日はそんなお話です。

 

続きを読む

吉井和哉の長いソロ時代のこと、そして"THE YELLOW MONKEY IS HERE."

こんにちは、Mistirです。

実は僕は、吉井和哉の大ファンです。

吉井和哉にもTHE YELLOW MONKEY(以下イエモン)にも興味が無い方も、とりあえず曲を聴いて欲しい。
YouTubeのリンクは全て公式のものなので、安心してお聴きください。

www.youtube.com
説明は不要かもしれないけど、イエモンは1988年〜2004年に活動、その後ボーカルの吉井和哉が12年ほどソロ活動の後、2016年末に再結成されたバンドだ。

THE YELLOW MONKEY - Wikipedia


THE YELLOW MONKEYのファンには怒られそうだけど、僕はイエモンのファンというよりは「吉井和哉」のファンです。
ソロ時代から吉井和哉を知って、その時はイエモンを実はほぼ知らなかった。

吉井和哉は母親がファンで、中学の頃までは特に聴いていなかったのだけれど……

高校の頃聴いたこの曲の重厚なサウンドに衝撃を受けて、それ以降ファンになってしまった。

www.youtube.com


2010年の曲で、イエモンの歴史からすると比較的最近の曲。
もちろん最近はイエモン時代の曲も聴いているが、高校、大学の頃の僕は「ソロ吉井和哉」の曲ばかり聞いていた。

つまるところ、僕は「にわかファン」なのかもしれない。
吉井和哉のことを解ってる、なんてそんな不遜なことは言えないけど、それでも……

僕は、ずっとこの人の曲について考えてきた。
ずっとこの人の書く歌詞について考えてきた。

ずっとこの人の曲を聴いてきた。

結論を言ってしまえば、吉井和哉の魅力は、あまりにも曲が「人間らしい」ことだと思う。吉井和哉という「人そのもの」がダイレクトに伝わってくるような、そんな曲ばかり作っている。
破裂しそうな情熱と、皮肉で冷静な知性、どうしようもない孤独。
吉井和哉の作る曲からは、痛いほどそれが伝わってくるのだ。

吉井和哉のソロ時代について語る人は、イエモンを語る人と比べるとそう多くない。
ソロだけ切り取って語っても意味は無いのかもしれない。

だが。

"THE YELLOW MONKEY IS HERE." と宣言された、この新曲。

www.youtube.com

この曲、何度聞いても泣いちゃう。
よく書いてくれたな吉井サン……

なんだか、この曲は「イエモンの復活」を堂々と宣言したのと同時に、「ソロの吉井和哉」の集大成に聴こえる。

それくらい圧倒的な完成度の曲なんです。
というか吉井和哉がずっとソロで探してきたものの答え」はこの曲だったんじゃないか、とそう思うんです。
それが完璧な形で「イエモン」に融合した。

そう思う根拠を、少しだけでもお伝えしたい。

ものすっごく長くなりますが、僕に付き合ってください。
ソロ吉井和哉のアルバムが出た順に語ります。

 

続きを読む

PSPが僕らに残したモノを、今思い出してみる

ども、Mistirです。
※今回はゲームを少しでもする人向けの記事です。






……はぁ。


あー……
買えない。



買えない……





買えないんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!








Switchを買わせろよおおおおおおおおおおおお!!!!!!

 

続きを読む

何があっても絶対に死にたくない人へ

こんにちは、Mistirです。

ずっとこのテーマで書こうと思ってたけど、タイミングを逃し続けていました。
タイトルは釣りでもひねりでもなんでもなく、そのままの意味です。

僕は、何があっても絶対に死にたくない。

そういった話をすると「病んでるの?」と言われてしまいそうだし、そもそもそんな話を日常的にはしない。
でも、僕の中に確固として「絶対に死にたくない」っていう気持ちがある。
そして僕は病んでるわけじゃなく、至って健康に……
「死にたくない」と強く思ってます。

稀に「何歳まで生きたい?」って聞かれることがありますが、淀み無く「150歳くらいまで」って答えてます。
でも、実はそれは嘘。
本当は数百年、数千年でも生きたい。
面倒だからとりあえず雑に150歳って言ってるだけ。

少しだけ、語らせてください。

 

続きを読む

炎上した立命館大学の論文を「冷静に」整理する

こんにちは、Mistirです。

凄く話題になった立命館大学の論文。

www.excite.co.jp

流れは

  1. 立命館大学の学生が人工知能学会全国大会で発表した『ドメインにより意味が変化する単語に着目した猥褻な表現のフィルタリング』が公開される
  2. その論文には、Pixivに投稿されていた一般の方のアダルト二次創作小説が10作ほど「引用」され、分析対象となっていた
  3. それらの「引用」された表現は「猥雑な」「有害」表現として扱われていた
  4. 「引用」された一般の方は、次々と公開されていた小説を非公開に

という感じです。

……最初、僕は「こんなアホな話語るまでもない」と思っていた。
「こんな明らかにアウトなこと、僕がわざわざ語るまでもない」と。

だけど。
批判の流れを見ていると、問題がこじれすぎていて正しい方向に向かっていないものが散見される。
「ちょっとその批判は危ういぞ!?」というものがいくつかあった。

まぁそもそも発端となった論文が、ストラックアウトで言えば3枚抜きどころか9枚抜きくらいしてるくらいの問題のデパートなので、仕方ないと言えば仕方ない。
※この例え、今通じるのだろうか……

が、放置するのも良くないと思うので、よく語られているこの論文の問題点について冷静に整理しようと思う。

全体の流れは省略して、一つ一つ語りたい。
予備知識の無い方は、一度他のサイト等で調べておいて頂きたい。

丁寧に語ろうとしたら話が長くなってしまった。ごめんね。
ゆっくり読んでね。

 

続きを読む

最高のアジフライを食べに、沼津「いけすや」へ向かった

こんにちは、Mistirです。

先日2017年5月20日(土)、伊豆半島にツーリングに行ってきた。 

mistclast.hatenablog.com

 
夜はライダーハウスに宿泊することにしていたので、早めのチェックインの後、伊豆・稲取の温泉街をふらりと散歩しながら、飲める場所を探していた。

小さな居酒屋を覗くと、常連さんがマスターとお話してる。
こういった「地元感」を感じることが僕は大好きだ。
そのお店に入って、常連さんも含めて色々とお話しながら、結構な量を飲んでしまった。

f:id:Mistclast:20170522192107j:plain

ハガツオのお刺身。
こんなに美味しいお刺身は久しぶりに食べた。
ハガツオってこんなに旨味があって、とろけるものなんだなと。

さて。
その常連さんは地元の漁師さんらしいのだけれど、とても耳寄りな情報を教えてくれた。

「凄いアジを出してくれる店がある」
「その店のアジは、2、3日経っても全く状態が悪くならない」
「脂の量が本当に凄い」
……などなど。
漁師であるその方が一目置くような独自の養殖技術で、養殖とは思えないような最高の鯵を出してくれるお店があるという。

そして……
そのお店は、静岡県沼津市にあるという。

ちょうど僕は沼津の深海水族館に一度行ってみたいと思っていたところだった。
都合よく、次の日の目的が決まったわけだ。

水族館とーー
そして、美味い鯵を食べることだ。

 

続きを読む