MistiRoom

旅することと、語ること。自由であること。

『バーチャルさんはみている』が最高のクソアニメだった(褒め言葉)

for i in range(0,100) : #ループここから

 
こんにちは、Mistirです。

発表から放送まで異様に早かったこちらのアニメ。

f:id:Mistclast:20190111174702p:plain


『バーチャルさんはみている』

観てみました。


うん。
……これはひどい。

これはひどいぞ。
ひどい。

僕はそこまでディープなVTuberファンではない。

が、ちょこちょことVTuberの動画は観ていたので、全くの無知というわけでもない。

首絞めハム太郎VTuberの登場時は、インパクトの強さに圧されてフォロワーになったりしてはいたが……

mistclast.hatenablog.com


それでも最近はVTuberの動画よりも筋肉動画とバイク動画ばかり流す日々だった。
最近一押しYouTuberはなかやまきんに君さんである。


【必見】バルクアップ、ダイエットに絶対おすすめの食事を紹介します。なかやまきんに君が毎日食べるのはコレです。

 

閑話休題。

なかやまきんに君さんの話は置いといて、バーチャルさんの話に戻ろう。

……
語るまでもない。

明らかな、企画の練り込みと時間の不足。

ファンの目線として見ると、身内ノリが強すぎて共感性羞恥的な……否、微妙に意味が違うんだけど……とにかく形容しがたい妙な物恥ずかしさを覚え。

ファンでないただのアニメ愛好家の目線として見ると、置いてけぼりっぷりに頭を抱える。

冒頭に一瞬だけ主要登場人物(VTuber)の紹介はあるけれど、あってないに等しい。
紹介されないVTuberも淡々と、そして次々と登場し、一方で背景の説明は全く無い。

統一された世界観もなく、……コント番組として観るにしても、不安だけが募る。

なんか黒髪の制服着たキャラがプロ並みの身体の張り方で笑いを取っているのはよくわかる。まぁ僕もともと好きなんですけどね、委員長


これはもはや放送事故だ。

少し前に別記事でご報告したのだけれど、僕は現在個人事業主開業の準備中で、日々勉強に忙しい半分ニートとか言うな

mistclast.hatenablog.com


アニメに煩わされている場合じゃない。
勉強しなければ。
さぁ、早く『Webを支える技術 -HTTP、URL、HTML、そしてREST-』でRESTfulなWeb APIの概要を頭に叩き込んでおこう。

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

 

……
しかし。

僕は静かな空間だと勉強できないタイプである。

……何かアニメでも流すか。
前期のグリッドマン、まだ全話観てないけど、あれは流さずプロジェクターに投影してじっくり観たいんだよなぁ。

今期アニメ、新しいの開拓するなら前期のアニメゆっくり観てからにしたいなぁ。

……何、流そうかな。

 


#冒頭に戻る
#ループここまで





……あれ?
俺、なんでこんなアニメ何度も観てるんだ!?

……そうだ。
僕は。
アニメ愛好家であり。
にわかVTuberファンだ。

だが。

それ以前に。
それよりもっと前に。

クソアニメ愛好家だった。
 

mistclast.hatenablog.com 

mistclast.hatenablog.com

 

前置き終わり。

 

クソアニメとして観ると面白い

結構このアニメ、神クソアニメ力高いと思う。

dic.nicovideo.jp

基本的に考えたら負けなアニメだし。
いや、今後無駄に考察要素とかブチ込んできそうで怖いけど。

ニコ動のコメント見てると「ポプテピピック思い出した」っていうコメントが多いんだけど、ぶっちゃけその類のコンテンツだよね。
ヴィレッジヴァンガードで延々流れてる謎の映像みたいな。

つまりですね。

このアニメを流しながら作業することで家がヴィレッジヴァンガードになるんですよ。
そういうアニメです。多分そういうことです。

ぶっちゃけイキリ豆が飛んでくるところ死ぬほど笑ったし(これは僕がイキリ豆を知っていたからだけど)、地味に面白いところも結構ある。

流して何も考えずに観るならこんなに良いアニメはない。
置いてけぼりすぎて不安が募るのは事実だけど、3回ほど観てるとだんだん気にならなくなってくる。こういうもんなんだ、と。

と、そういうアレな目線で観るのも良いかもしれないけど……
これじゃただただ貶してるように受け止められてしまうかもしれないので、一応釈明しておきたい。

褒める気も貶す気もあまりない

実のところ、このコンテンツについて褒める気も貶す気も個人的にはありません。
世にでるのが明らかに尚早だった気はするけど、深く考え出すと「地上波でVTuberをどう扱うか?」みたいな話になってきそうで、それはちょっと避けたい。

まぁ例えば、ガワの可愛い黒髪芸人某VTuberが水戸納豆とコラボしたっていうAbemaTVの動画なんだけど……


【事故】月ノ美兎、納豆をかき混ぜた瞬間…

納豆のゆるキャラ"ねば~る君"の芸人顔負けなキャラの良さもあり、バラエティとして普通に滅茶苦茶面白かった。
というか本当にこのガワの可愛い芸人トーク力すげぇな……


このレベルのモノを作れや!
……というのは楽だけど、そこまでバラエティ番組に寄せられて良いのか、というのも悩ましいし。そもそもそんな予算があるのか?って話だし。

端的に言って『バーチャルさんはみている』第一話の印象だと、……本当に第一話の印象だと。

「怪電波」

この三文字に尽きるんだけど。

それでも、ごく普通のアニメみたいにオリジナルストーリー演じられてもシラケるし、……もしかすると、この「フリースタイル・どこまで台本かよくわからない謎のコント」的進行は、一種の最適解……なのかも、しれない。

それともう一つ。
経験上、この手のアニメは後半選別された視聴者しか残らないから、最終的には高評価だけが残るんだよね。
逆に深い傷跡を残すアニメって第一話や序盤の印象が後半の印象と比べて良すぎたりするし。
止まるんじゃねえぞ……

VTuberの大ファンの目線からしても、本当に全くVTuberに興味がない層からしても賛否両論あるとは思う。
でもまぁ、僕はとりあえずしばらく追いかけようかなぁ。

割と純粋に次回を楽しみにしている自分がいるのは間違いないです。

本当にこのノリで突っ切るなら、悪評は3話くらいで収まりそうな気がする。
本当にこのノリで突っ切れるなら、だけど。

このまま甘えず最後まで怪電波を垂れ流して欲しい。
……まぁ雑にキャラが死んだりすることはないだろうし、そこは安心していいかな……

お読みいただき、ありがとうございました。
ではまた次の記事でお会いしましょう。