MistiRoom

旅すること、生きること。自由であること。

アニメ

【名作か迷作か】『正解するカド』とは結局何だったのか、総集編で何が起こったのか

こんにちは、Mistirです。アニメファンならば、誰しも一つくらい、大きな思い入れがあるアニメがある。例えば、圧倒的感動を与えてくれた大傑作。 mistclast.hatenablog.com 例えば、圧倒的社会現象を巻き起こした怪作。 mistclast.hatenablog.com 例えば、…

『宇宙よりも遠い場所』が僕らに残してくれたもの

こんにちは、Mistirです。「生きていてよかった」。そんな夜を探していると、フラワーカンパニーズは『深夜高速』で歌った。 www.youtube.com 「生きていてよかった」。そう心から思える作品に出会えることは稀だ。僕らはいつも、何かの作品に対してクソだの…

ブログ:MistiRoomで過去にバズった記事まとめ

こんにちは、Mistirです。だんだんもうこのブログ、なんのブログか本当にわからなくなってきた。筆者が書きたいこと書いてるだけだから仕方ない。第一、この筆者も何者なのかよくわからない人も多いと思う。それは追々自分語りするとして……過去記事を一度、…

dアニメストア ニコニコ支店の大きすぎる弱点(が改善された話)

【追記です】以下の僕の記事は"dアニメストア ニコニコ支店" 開設間もない頃の状況です。が、3ヶ月ほどの時を経て大幅に改善されました。詳細は以下の記事を参照してください。僕も最近は改善を露骨に実感しています。 otihateten.hatenablog.com ということ…

『妹さえいればいい。』が僕らの心を締め付ける

こんにちは、Mistirです。 ……今期アニメ、群雄割拠だ。強い。強すぎる。まず、人気アニメの2期がことごとく固まってる。 umaru-ani.me www.hozukino-reitetsu.com osomatsusan.com 全部面白い。雰囲気の良いアニメも充実。 girls-last-tour.com www.kinonota…

それでも僕が『異世界スマホ』を好きな理由と、『Steins;Gate』の狂気のこと

こんにちは、Mistirです。以前書いた『異世界スマホ』の分析が、結構たくさんの方にお読み頂けています。ありがたい限りです。 mistclast.hatenablog.com mistclast.hatenablog.com 僕は異世界スマホについて結構批判的な論調で書いているけど、その一方で「…

歴史を刻んだ『異世界はスマートフォンとともに。』11話を「読み解く」

こんにちは、Mistirです。この記事は、『異世界はスマートフォンとともに。』に対する屈折した愛情をこめて書いております。批判的な論調になりますが、楽しんでらっしゃる方を否定する意図は一切ございません。ご了承ください。前置きはこれくらいにしてお…

『異世界はスマートフォンとともに。』とは、一体「何」なのか

こんにちは、Mistirです。今。猛烈に「熱く」、そして猛烈に「冷えた」アニメがある。ある者はそのアニメに呆れ。ある者はそのアニメに呆れながら熱狂し。またある者は、そのアニメに呆れながら軽蔑する。そしてまたある者は、そのアニメに呆れながらーー気…

『けものフレンズ』の「流行」そして「奇跡」を読み解く

こんにちは、Mistirです。皆さん。最高の最終回を迎えた、最高の作品をご覧になりましたか。そう。 『けものフレンズ』という作品について。 // 僕は、4話の段階でこの作品について語った。1万字の規模で語った。 mistclast.hatenablog.com その分析が「間違…

けものフレンズは何故「ここまで」流行したのか

こんにちは、Mistirです。……さて。現在Twitterを中心に、今期アニメ史上ーー否、アニメ史に残る「特異点」が観測されている。そう。『けものフレンズ』の流行だ。 劇的感染、パンデミックと言ってもいい。

『さよなら絶望先生』のOPが語る「あの」時代と、「アニオタ」の消失

アニメは、いつからかオタクの手を離れたーー「アニオタ」は、もうどこにも居ない。

5年経ったからこそ語る、『あの花』という作品

ども、Mistirです。Fire TV Stickを買い、プロジェクターに接続し、悠々と100インチのスクリーンに投影する。そんな贅沢なライフを送ってます。で。最近ようやくNetFlixで『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』を観た。 あの日見た花の名前を僕達はま…

『風立ちぬ』の「夢と狂気」を語る

こんにちは、Mistirです。みなさん、『風立ちぬ』観ました? 風立ちぬ [DVD] 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 発売日: 2014/06/18 メディア: DVD この商品を含むブログ (94件) を見る // 今更ですが、僕は観ました。何故今更?僕の…