MistiRoom

"僕の足に絡んだ蔦は あの日蒔いた種だった" 吉井和哉『Island』より

2022-09-19から1日間の記事一覧

生きてるだけで、罪悪感

恥の多い生涯を送って来ました。 太宰治『人間失格』の有名すぎる冒頭の一文。 自分の人生に「後悔」や「罪悪感」を抱いていないと決して出てこない発想だ。生きてるだけで、罪悪感。時折僕はそんなことを思う。「後悔」と「罪悪感」は明確な区分が難しい。…