MistiRoom

それでも、何かを語るのだ

フツーの人のためのクレジットカード論(ついでにMoneytreeの話)

こんにちは、Mistirです。

Twitterで最近、クレジットカードについての議論が話題になってた。

流れを追ってみると、

1.ゾゾタウンの「ツケ払い」についての阿鼻叫喚がTwitter上で話題になる

togetter.com

2.(偶然?)その後間もなく、「大学生はクレジットカードを作っておくべきか」という議論が巻き起こる

togetter.com


っていう流れです。

こういった議論が起こることはすごく良いことだと思ってます。
というのも、スマホやネットが僕らの生活に根付くに従って、「お金の『見え方』」っていうものが変わってきてる実感があって……
クレジットカードについても、これまでの考え方だけで語ってると「何かを取り逃す」気がしてるんですよ。

ってことで、少しだけ語りたい。
これからを生き延びるための、クレジットカードの使い方を。

 

 

当たり前過ぎて、逆に見逃されるクレジットカードの罠

多分、クレジットカード反対派の代表的な意見は「管理が難しい」とか、「借金と同じ」だとか、そういったことだと思う。

で、僕はクレジットカードの本質は「信用」だと言われてるとおりに信じてて、なんというか「お金の本質」に触れてる感じがして、個人的にそのシステムが好きだったからゴリゴリ使ってた。
簡単に言ってしまえば、僕はゲームチックなものが好きなのだ。
一々現金を降ろして、使って、減ってるのを確認するよりも、月に一度まとめて口座にダイレクトアタックされる方が良い。
そうすると、一ヶ月あたりの自動的に自分の使ってる額を正確に把握できるようになる。
僕はものぐさなので、一々自分の降ろした額を通帳で確認したくない。

あと、僕はJaccsのREX CARDを使ってる。

www.jaccs.co.jp

以前に比べると相当劣化したんだけど、未だに業界でのポイント還元率は最高クラスの1.5%だ。
これって結構凄いことだ。極端な言い方だけど、この世の全てのモノが人より1.5%割引で買える。


ってことで、大学卒業の頃辺りから、現金は可能な限り使わないようにしてた。使えるものは、全部クレジットカード。

その結果。














去年の末、ボーナスの直前に僕の懐事情は未曾有の危機を迎えた。





預金残高が、社会人としてあってはならないことになっていた。
下手な金持ちの高校生のお年玉でも、僕の当時の預金残高を超えていただろう。

……
それは、ごく簡単な「事実」を無視していたからに他ならない。
上のクレジットカードの議論も、この「事実」に触れていないものが多い。

style.nikkei.com


そう。
クレジットカードは、現金と比べて、「何故か」心が痛まない。
その結果、妙に使いすぎてしまう。
それは「錯覚」なのだけれど、確実にそこに「ある」現象だ。

xn--pckugr66p.com


結局のところ、
「新しいバイクが発売されたな!よく分からないけどとりあえず10台買っとくか!!!」っていうようなお金持ちでもない限り、この「感覚の麻痺」から目をそらしちゃいけないと思う。
麻痺しても全然問題ない人以外は、麻痺しちゃいけない。
で、僕も含めて大抵の「フツーの人」は、少しでも麻痺しちゃダメなのだ。

僕はゆっくりと……デビットカードとクレジットカードの「併用」に切り替えることによって、この危機を乗り切った。

ここからは、その話をしよう。

デビットカードとMoneytreeというアプリについて

さて。
話は変わるが、電話機能やメール機能、実質的にそれらと同クラスの存在になってしまったLINEを除いて、スマホに「たったひとつしかアプリを入れられないとしたら」皆さんは何を選ぶだろうか。

僕は、Moneytreeを選ぶ。

moneytree.jp

複数の銀行口座を統合して、引き落とし額、入金額、クレジットカードの利用履歴、さらにはTポイントの残高まで、リアルタイムで把握できるアプリだ。
※スクショ貼りたいトコロだけど、全面モザイクになっちゃうので各自で調べてください

はっきり言って、これを無料かつ、広告なしで利用できるのはちょっと異常だと思う。

さて。
話を戻すと、何故クレジットカードの話題でこのアプリが出てくるのか。

以前は、このアプリをクレジットカードの利用履歴管理に使っていた。
このアプリ、「利用履歴の自動振り分け機能」がある。要は、クレジットカードを使うと自動的に家計簿を作成してくれる、というわけだ。

ということで、このアプリはクレジットカードとの相性がすこぶる良い。

でも。
僕は、それ以上に相性のいいものがあると思っている。
それがデビットカードだ。

ここで説明する必要もないと思うけど、クレジットカードは利用した約一ヶ月後に一ヶ月分の請求が纏めてくる一方、デビットカードは即座に銀行口座から引き落とされる。

利用しやすさは、クレジットカードもデビットカードも変わらない。
VisaデビットやJCBデビットなら、その系列のクレジットカードが使えるお店ならほぼ100%使える。
Jデビットみたいな独自規格もあるんだけど、それは放っておいて……


さて。
「自分の持っている銀行口座の総残高をリアルタイムに把握できるアプリ」と。
「利用直後に銀行口座に利用内容が反映されるデビットカード」が組み合わさると。
どうなるか。

もう、お分かりだろう。

生活がRPGと化す。


f:id:Mistclast:20170411140620j:plain




勿論、↑こっちではない。
ロールプレイングゲームの方だ。

なんというか……お金を使うとすぐ口座から減るってのを確認してると、まさに「ドラクエ」やっているような感覚になる。
「お金は、モノじゃない。数字そのものだ」っていうのをより強く実感するというか。

余談だけど、僕はホリエモンが言っている「小銭なんてこの世からなくなって欲しい」っていう考え方に大大大大大賛成で、特に1円玉なんてさっさとこの世から消え去れと思っている。可能なら財布なんか持たず、ポケットにクリップでまとめたViewカードデビットカードの二枚だけ持ち運びたいくらいだ。
実際にそれに近いことをやってたことはあるが、結局まだ日本は現金社会で挫折したことがある。

それでも、僕は言いたい。
小銭なんて邪魔なだけなのだ。せめて、1円単位でViewカードにチャージさせてくれ。それなら毎日財布の中の小銭を全てViewカード(Suica)に突っ込むのに。

……。

閑話休題

デビットカードは即座に使っているお店が情報として反映されない関係上、Moneytreeの家計簿に即時反映するのは仕様上厳しいらしい。
だから手動で使った額を分類する必要があるんだけど、まあ許容範囲だろう。

ここまで語ると、
「じゃあデビットカードを使って、クレジットカードを使うべきじゃないのか?」
って話になりそうだが、そうじゃない。
ここで「デビットカードの弱点」を補うモノとしてクレジットカードを使う、という方法を僕は提案したい。

そう。
デビットカードには、明確な「弱点」がある。

デビットカードで決して使うべきではないもの。
それは……

まず、「毎月自動的に消費されるもの」
定額の動画サイトの料金でもいいし、公共料金でもいい。
これをデビットカードに指定するのは……そもそも指定できない場合もあるけど……
非常に、マズい。

さっきも言ったけど、デビットカードは利用直後、銀行口座の預金通帳(Web通帳)の残高に「デビッド利用 xxxxxx」のような形で記載される。
店名が反映される銀行もあるようだけど、即時では反映されないそうだ。

……つまり、これらを毎月使うものにあててしまうと、どうなるか。

「何が何だか、わからなくなる」。

デビットカードは、「把握するからこそ」使う価値がある。極論かもしれないけど、Moneytree等のアプリで整理しない限り、僕はデビットカード使う意味は無いと思ってる。

デビットカードは基本的に使ったらメールが来るんだけど、公共料金や月額利用料金にあてちゃうと、メールが完全に無意味になってしまう。
不正利用されたかどうかチェックする術がなくなってしまうのだ。

それともう一つ。
理由は分からないが、Visaカードが使えるガソリンスタンドでVisaデビットを使った場合……
銀行口座に即時反映されない場合がある。
時間差で、忘れた頃に反映されるのだ。

こんな恐ろしい話はない。
忘れた頃に、ポロッと銀行口座からお金が落ちてる。
ホントにガソリン代かどうかもよくわからないし……とにかく怖い。

あとは、必然的にクレジットカード以外使えないETCの利用額とか。

……さて、どうするか。
もうお分かりだろう。

こいつら全てを、デビットカードではなく。

クレジットカードにまとめたらいい。

そうすれば、実質的に「固定費」が幾らなのか、一発で把握できる。
ポイントも貯まる。
一石二鳥だ。

さあ、そろそろまとめよう。

まとめ

幾らクレジットカードの性質を述べようとも、
「クレジットカード(後払い)は現金より心が痛まない」
という事実を覆すことはできない。

もちろん、「いやいや、現金でもクレジットカードでも全く同じように心が痛むよ!!」って人は、クレジットカードに完全移行しても良いだろう。
でも、それ以外の人は現金か、デビットカードを中心に運用したほうが良いと思う。
やっぱり、「リアルタイムで銀行口座の残高が減っていく」のは、心に良い意味でダメージを与えてくれる。
クレジットカードみたいに「気付いたら大出血」じゃない。

ゾゾタウンのツケ払いが話題になったけど、典型的なまでに「後払いは現金より心が痛まない→だから使いすぎちゃう」っていうのを利用してるなあ、っていう印象。
気をつけないと、絶対大出血しますよ。マジで。

あともう一つ言えば、Moneytreeが実現してくれるRPG的な日常生活」が僕は好きだ。
「僕らは『お金』を使って生きてるんだ」、というより、「可視化出来る『お金というラベルがつけられた』『数字』を使って生きてるんだ」って実感できるというか。上手く言えないけど。

お金の本質って、むしろそっちだよなぁ、って感じがする。
小銭、お札っていうモノが「価値のあるモノ」じゃなくて、価値があるのはMoneytree上に表示されてる数字の大きさそのものなんだよね。

ってことで、そんなライフスタイルを提案しながらこの記事はおしまい。

ではまた次の記事で。
お読み頂き、ありがとうございました。