MistiRoom

それでも、何かを語るのだ

けものフレンズは何故「ここまで」流行したのか

こんにちは、Mistirです。

……さて。

現在Twitterを中心に、今期アニメ史上ーー否、アニメ史に残る特異点が観測されている。
そう。

けものフレンズ』の流行だ。

f:id:Mistclast:20170207223711j:plain


劇的感染、パンデミックと言ってもいい。

タイムラインでは多くの「感染者」が確認されている。

togetter.com

Twitterでも概ね同じ状況と言っていい。

ある者はIQを奪われ、「たのしー!」「すごーい!!」「君は◯◯のフレンズなんだね!」と定型文を繰り返すだけになってしまった。
一方、ある者は「けものフレンズ考察班」と呼ばれ……けものフレンズ世界の「怖さ」を考察している。

……分からなかった。
本当に、分からなかった。

第一話時点で、『けものフレンズ』は伝説のアニメ『キルミーベイベー』と比較されていた。

 

何故だ。
「修行」、「虚無」とされたこのアニメが、何故ここまで流行しているんだ。

キルミーベイベー的な流行なら、分かる。
一応説明しておくと、『キルミーベイベー』は……一言で言って、カルトアニメだ。

dic.nicovideo.jp

謎の魅力からじわじわと人気を発揮し、最終回が終わった後は……

f:id:Mistclast:20170207192847j:plain


何故かチャーリーブラウンによって追悼されるAAが一部界隈で流行した。

f:id:Mistclast:20170207192936p:plain

未だに復活=二期の存在が一部界隈で期待されている、正真正銘の……カルトアニメだ。

でも。
けものフレンズ』の流行は、明らかにその次元を超えている。
Twitterではトレンドにまで上り詰めてしまった。

何故だ。
何故、キルミーベイベーと同じ「カルト的な」アニメが、ここまで流行ったんだ。

……僕は、考えた。

考えて、考えて、考えて……分からなかった。

「これは、特殊な事象だ」

そんな妥協した結論で終わろうと思った。


そのとき。
不意に「それ」はやってきた。


「何故、『けものフレンズ』が流行る理由ばかり考えているんだ?」






「『けものフレンズ』が流行らない理由があるのか?」

 

 

……断っておくが。僕は、重症患者ではない。
けものフレンズ』の欠点が何一つ見えなくなるほどにIQが下がってしまってはいない。

だが。
……急に、分かったのだ。
全ての理由が飲み込めた。

あらゆる意味で、『けものフレンズ』は……
懐が、広すぎる。
そして、深すぎる。

さあ、前置きで1000文字を費やしてしまった。
長い夜になる。ゆっくり語ろうじゃないか。
アニメ史に残る特異点、……否。

「新基準」である、『けものフレンズ』の「物語」を。

 

けものフレンズという「作品」を「分析」する

まずはけものフレンズという作品そのものを「分析」する。
これで、けものフレンズ流行理由の約20%は説明できるだろう。

……たったの20%だ。
それでも、この話抜きには全て語れない。

少しつまらない話や、よく言われている話も多いと思うが、ゆっくり読んで頂きたい。

けものフレンズはIQを下げるか?

まず、よく言われる「IQ下げる」という話。
これは実際にその通りだ。
まず、まだ観ていない人は出来れば以下のリンクから第一話だけでもいい、観て頂きたい。

www.nicovideo.jp

体感時間は別として、実際の時間はたったの23分55秒で終わる。
是非一度でいい、観て欲しい。

……いかがだろうか。
IQは、いくつ下がっただろうか。

僕は今第一話を延々リピートしながらこの記事を書いている。
……やっぱり、なんど観ても圧倒的だ。
概ね上に引用させていただいたツイートと同じ感想を抱かれるのでは無いだろうか。
念のためもう一度引用させていただく。

 IQが下がること。
それは、単純に作品の時間がゆっくり流れているためだけではない。
※テンポが悪いとか言うフレンズはお仕置きだ


サーバルちゃん。

f:id:Mistclast:20170207222116p:plain


作品のメインヒロイン(?)であるわけだが、この子が強烈な個性を放っている。

癖になる声。
そして、全てを受け入れてくれる寛容さ。

……オタクの幼児退行が指摘されて久しい。

togetter.com

この流れはかの『艦隊これくしょん』に出てきた「雷」以降だろうか。

dic.pixiv.net

「バブみ」という気持ち悪い言葉が生まれたのもこのあたりだ。

www49.atwiki.jp

このサーバルちゃんも同等の寛容さ、「バブみ」を備えていると言っても過言ではない。
かばんちゃんの全てを「すごーい!!」と受け容れてくれるサーバルちゃん。それだけではなくーー
登場する(セルリアンを除く)あらゆるキャラクターが、異様なまでに優しく、母性に溢れている。

また、世界そのものの中に唯一存在する「知性」が、徹底して主人公である「かばんちゃん」に集中している。

【追記】
5話を観て、少しずつ印象が変わってきた。
かばんちゃんは相変わらず中心にいるのだけれど、知的な営為が伝播している。
……これは、文明の黎明……?
【追記ここまで】

視聴者のIQを削る?
そうだ。
厳密に言えば……単純に、けものフレンズのキャラクターと、それが属する「世界」そのものが(かばんちゃんを除いて)IQを最低限しか有していない。

さらに言えば、「セルリアンとのバトル」という試練的な要素はあるものの、実はこの要素も今のところほとんど物語に絡んでいない。忘れてしまう程だ。
そもそも4話まで再登場しない。

この物語は、試練やら苦痛やらと離れたところにある。
もう皆さんもお気づきと思うが、男性キャラクターも登場しない。

この「苦痛、男性性の排除」は……そう。

www.nicovideo.jp

ごちうさ』で描かれていた世界だ。

【追記】
ごちうさ』には男キャラ出てくるやん!というツッコミを幾つか頂きました。何の疑いもなく美少女アニメにおける異性間の恋愛要素の排除」を「男性性の排除」って呼んでました。訂正します。
ここ、厳密に語ると凄くやっかいなので省略します。
とりあえず軽く触れておくと、恋愛は「ドラマ」を産んじゃうんですよね。それを「恋愛対象となる男性」を排除することによって成り立ってるのがきらら系列のアニメです。
ちなみに、かつては「ドラマ」として扱われていた同性愛が、昨今ではまた異なる扱いをされているのは、また別のお話。
【追記ここまで】

じゃあけものフレンズは『ごちうさ』と同じなのか?

もちろん、違う。
もうお分かりだろう。
ここから、「考察班」の存在を語ることになる。

IQを上げよ。厳しい世界を見よ。

けものフレンズ視聴者には「考察班」が存在している。

togetter.com

極論だが、どんな物語でも「考察」は可能だ。
いかに馬鹿馬鹿しいギャグアニメであれ、それこそ『ごちうさ』のようなゆるゆるな作品でさえ可能だ。

だが。
それを「物語が要求しているか」どうかは別だ。

ごちうさ』が、考察を要求しているだろうか?
そうしてくれ、と視聴者に訴えているだろうか?

ごちうさ』を観ていない方はクレヨンしんちゃんを想像してみるといい。
あのアニメは「裏の世界」の想像を、物語サイドが要求しているだろうか?
おそらくは、していない。
※ちなみに映画版クレヨンしんちゃんは別です。一部の映画版クレヨンしんちゃんは思いっきり「要求」してます。あと、『クレヨンしんちゃん』を引き合いに出したのは、同じような国民的アニメである『ドラえもん』を引き合いに出すと「考察」の意味が少し変わってしまうからです。

けものフレンズ』はどうか。
……これがもう、はっきりと……
「門を開いている」のである。

「考察してくれ」と、物語が「要求している」わけじゃない。

この作品は、こう主張しているのだ。
「準備はしておいた。貴方はそれを無視してもいいし、徹底的に考えてもいい」。

さあ、長くなったが……
この作品を語るために欠かせない、一つ目のキーワードをここに残そう。
「視聴者に、一切の態度を任せている」

僕らには、「自由」がある。
踏み込んでもいい。
踏み込まなくてもいい。

それが端的に分かるのは……
第二話以降に明らかになるエンディングだ。

できることなら合法的に観られる方法をここで提示したいが、探した限り公式で聞く方法は無いようだ。

まだ二話以降を見ていない方々は、是非とも
ニコニコ動画で課金する
dアニメストアに入会する
バンダイチャンネルに入会する
等の手段をオススメしたい。

筆者も入会しているのだが、dアニメストアに入会したら、『けものフレンズ』が見放題になり、そのおまけにたくさんのアニメを観ることもできる。
素晴らしいサイトだ。

閑話休題

けものフレンズ』のエンディングは、もう明らかにーー
扉を開いている。

ポップで少しせつない曲に合わせ、映し出されるーー
廃墟と化した、遊園地のモノクロ写真。

f:id:Mistclast:20170207202141p:plain

 灰色の花畑。

f:id:Mistclast:20170207202155p:plainやりすぎなまでの、本編との落差。

……そして。
一見明るい「だけ」の本編も、徐々に世界観を「小出しに」チラ見せしてくる。

第三話で示唆された、フレンズたちがかつては「動物(けもの)」だったという事実。

f:id:Mistclast:20170207202345p:plain

第四話で初登場した、「フレンズ化」というキーワード。


あなたは下がったIQに身を任せ、その要素をスルーしてもいい。
あるいは、下がったIQを亜空間から「取り戻し」、こだわって考えてもいい。

全ては、あなたの自由だ。

……さて。
ここまでは……あくまでも「よく語られている」けものフレンズの魅力だ。

まだまだ続く。
記事は4000字に達しようとしているが、ついてきて欲しい。

まあ。
……付いて来るも、付いてこないも、貴方の「自由」ではあるのだが。
それでも、ついてきて欲しい。

まだまだこの記事はーー
「前提条件」を語っているに過ぎないのだ。
もう少しだけ、ほんのもう少しだけ、この作品の「内容」について語らせて欲しい。
ここからは少しだけこの作品の「魅力」を羅列することになる。
その理由も後で書くから、しばらく耐えて欲しい。

旅。出会い。別れ。

僕はけものフレンズを実はロードムービーとしても評価している。
ムービーじゃないことは置いといて。

ニコニコ動画のコメントでも指摘されていたが……この作品。
「フレンズたちと別れる瞬間が、妙に寂しい」。

繰り返す出会いと別れ。不安定な神様

www.youtube.com


全てのフレンズが骨太のキャラクターと、丁寧な交流の描写があるためかもしれないが、本当に寂しくなる。
傑作映画、モーターサイクル・ダイアリーズを彷彿とさせる。 というのは言いすぎだろうか。

 

ダウナー系危険ドラッグ

この作品がIQを下げるということについて、友人のN君がまた違った表現をしている。
友人のN君は僕が仕事帰りに倒れたとき、泊めて貰った恩がある。

そのN君と僕は、アニメ観がいまいち合っていない。
僕はカルト的なアニメを深く愛しているが、N君は京アニ信者である。

僕は今期で一番好きなアニメは実は霊剣山 叡智への資格なのだが、N君は僕が大絶賛する『霊剣山』一期:『霊剣山 星屑たちの宴』を「苦行」と断じたため、ちょっとした戦争が起こった。


そんなN君がこんなありさまである。


f:id:Mistclast:20170207204119p:plain

f:id:Mistclast:20170207204146p:plain

f:id:Mistclast:20170207204239p:plain

そろそろこいつ救急車で運ばれたほうが良いと思う。

それはそうとして……
N君のようにIQを保ったまま、瞬時のトリップを楽しむことも十分に可能なのだ。
コレはもはや、ただの「バブみ」や「世界の優しさ」という観点だけではどうしても語りきれない。

作品そのものがーー
ひとつの、ダウナー系ドラッグである。
そう言ってもいいのかもしれない。

美少女動物園

美少女キャラばかり出てくるアニメを揶揄するために「美少女動物園」という言葉が使われることがある。
このアニメに関しては、もう言葉を完全に体現した「美少女動物園」だ。
もうそれだけを味わう「だけ」でも、何一つ間違っていない。

そろそろやめようか

……さあ。
前提として作品そのものを語った。
ここまで羅列したら、お分かりだろう。

そう。
「作品そのものが、あまりにも門戸が広い」のだ。
あまりにも、許容範囲が広い。

どんな楽しみ方でも、許容してくれる。


……もちろん、それだけではこの作品の流行の理由を20%も語ってはいない。
ここからは、作品の「外側」に目を向けていこう。

けものフレンズという「作品」を『外側から』語る

ここまで、けものフレンズという作品を単体で分析してきた。
ここからは他の作品との比較の中で、『けものフレンズ』を語っていくことになる。

先程の「客観的分析」と比較するとかなり主観的な内容が多くなる。
箸休めとしてお読み頂きたい。

例えば、先程引き合いに出した『ごちうさ』こと『ご注文はうさぎですか?』について。

www.nicovideo.jp

このアニメは、「優しい世界」「美少女キャラばかり出てくる」という点において『けものフレンズ』と似た側面がある。
だが。

ごちうさ』は、先程も述べたようにーー
「考察」を拒絶している。
キャラの関係性などには想像の余地はあろう。
だが、「考察班の存在」などは考えられない。それほどにーー
「キャラクターたちの世界が、完結している」。

これまでの『まんがタイムきらら系』作品の一つの到達地点であることは間違いないだろう。

一方、最初から比較対象に出している『キルミーベイベー』はどうだろう?

www.tbs.co.jp

公式サイトにあるPVからご覧いただきたいのだが、この作品は明らかに視聴者を選別している。
「圧倒的に練度の高い視聴者」しか残らないようになっているのだ。

まず、OPの強烈な電波ソングで視聴者を吹っ飛ばす。
「殺し屋とアホの子の漫才だけを延々30分続ける」という内容で視聴者を吹っ飛ばす。

……まあ、それを言うなら……
けものフレンズも「謎のCGと言葉にならない謎の何か」によって「最初は」視聴者をふっ飛ばしてはいるのだけれど……
ただ、ふっ飛ばされた視聴者も戻ってくるような「仕組み」があるのだ。
それは後で語ろう。
非常に重要なポイントなので、覚えておいてほしい。

今期アニメとの比較

とりあえずこの記事で挙げてきた二作品と比較したが。
実は、一番わかり易いのは今期の他のアニメと比較することだ。

今期のアニメはーー
異様に、尖っている。
本当に、異様なまでに尖っている。

例えば、このアニメ。
アマガミ』を知っている人ならご存知だろうが…… 

恋愛アニメの皮を被った高度な変態ギャグアニメだ。

第三話のあらすじを御覧いただきたい。

f:id:Mistclast:20170207210646p:plain

けものフレンズと全く違う意味で、IQが非常に低い。

この作品は僕は大好きなのだが、「文脈を知っている」必要がある。
「これ突っ込むところだよな」と、一つ一つ確認しながらではないと一話見通すことさえ難しい。
人によってはこのアニメに明確な嫌悪感や気持ち悪さを覚えるだろう。
「今期の上級者向けアニメ」の筆頭と言っていい。
僕は大好きだけど。

……本気で長くなりそうなので、流していこう。

4話で無線のマニアックなネタを延々披露し、5話で『ゲームセンターあらし』ネタを繰り広げる、明らかなおっさん直撃アニメ、AKIBA’S TRIP−THE ANIMATION−』

狂気OPと安定した内容で話題の、『小林さん家のメイドラゴン』。

どのアニメも凄く楽しい。

だけど、同時に……
どのアニメもなんというか、「完成している」のだ。
考察の余地が少なく、そして「アニメ好き向け」の印象を受ける。

わかりやすいのが、今期でもトップクラスの人気を誇っているこの作品。

めちゃくちゃ面白い。
だけど……この作品が与えてくれるのは「安心感」「安定感」だ。
「なんなんだこれは?」ではない。

いつもの、動画工房の、ハイクオリティの安心感だ。

けものフレンズ』は違う。
第一話で謎の「不安」「不安定」を抱えていたはずの僕らは、いつからかこの世界に「安心」を抱き始めている。
無償の安心なのだ。
他の作品や、いつものその製作会社の作品と比較した安心じゃない。
っていうか、どの制作会社が『けものフレンズ』を作ってるのか……みんな知らないんじゃないか?僕は知らない。

いつから、僕らは安心した?
いつだ。
いつなんだ。

ここで生きてくる、「他の作品にはなかった『仕組み』。
「この作品に、戻ってきて、安心してしまう仕組み」。


「何故『けものフレンズ』が流行ったのか?」という問いにーー
ようやくここから、解答を出すことになる。

けものフレンズとは一体なんなんだ

先程、けものフレンズについて
ふっ飛ばされた視聴者も戻ってくるような「仕組み」がある
と語った。

もう一度、確認して頂きたい。

togetter.com

なんなんだこれは。

でも、今ならお分かりいただけるだろう。
最初に語ってきたこの作品の魅力の羅列。
その中の「一つでも」刺さって、戻れなくなった者たちは、こう表現するようになるのだ。

「わーい!!」
「すごーい!!」
「君は◯◯のフレンズなんだね!」

けものフレンズ』は尖った作品ではある。
だが、同時にその尖り方があまりにも「多様」だ。

だから……
その尖りの先端の「どこかに」貫かれることになる。
数百本の、あるいは数千本の針。
その一本が視聴者を貫く。

そんなハマり方をする中で。
作品世界の寛容さをあたかも表現するように、視聴者は一種の「寛容性」を身につける。
その寛容性はーー
「視聴者以外にも」波及するのだ。

例えば、思い出して欲しい。

Twitterで流行ったアニメ関連の言葉。
わかりやすいところでは、
ガルパンはいいぞ
がある。

だが、このガルパンはいいぞフレンズなんだね!」には……
圧倒的な差がある。
あまりにも、圧倒的な差が。


もう、お気付きだろう。


……「アニメを観て無くても、フレンズになれる」し、もう貴方もフレンズなのだ。
僕もフレンズなのだ。

 ↑もうフレンズなのだ。


けものフレンズ』を観ていなくても、「たのしー!!」と口走ったらもうフレンズなのだ。
けものフレンズ』を観ていなくても、「わーい!!」と口走ったらもうフレンズなのだ。

みんな、フレンズなのだ。


本来なら、不遜だ。
観ずにそのアニメを語るなど、不遜と言わずして何と言おうか。

でも、「アニメを観るフレンズ」たちは「アニメを観ないフレンズ」に怒ったりしない。怒るにもIQが下がりきっているから怒ったりしない。

オープニングにもあるように「高らかに笑い笑えばフレンズ」なのだ。
……というけものフレンズ』が生み出す磁場の問題もあるが、もう一つ。


そもそも、このアニメは「尖っている」。
あまりにも広い方向に尖っているし、何より「どんな考察も、どんな鑑賞も受け容れる圧倒的な寛容さ」があるから忘れやすいが、間違いなく、尖っているのだ。
丸いけど、尖っている。ウニ


そう理解しているから……
「アニメを観るフレンズ」たちは「アニメを観ないフレンズ」に怒ったりしない。
 
むしろ、ひとりでも作品の「尖り」に刺さって……
「アニメを観るフレンズ」に変化することを願っている。
殺伐としていないのだ。
何もかも、受け容れる度量がある。
それは、この作品そのもののーー
尋常ならざる寛容さに対応している。
※でも僕はさすがに「煽りと悪口を『◯◯なフレンズなんだね!』ということによって和らげるやり方」はあまり流行ってほしくないと思うフレンズである

 

アニメを観ていなくても、「わーい!!」と言えばフレンズ。
……何かを、思い出さないだろうか?

そう、浄土真宗である。



……こう言うと誤解を招きそうだから、この話はやめとこうか……
そもそも南無阿弥陀仏とさえ唱えていれば極楽に行ける」は誤りだって言うし。

だが。
少なくとも、こっちは確実だ。
アニメを観ていなくても、「たのしー!!」と言えばフレンズ。

そしてフレンズに入門した「アニメを観ていないフレンズ」は、気付いたら「アニメを観て」しまう。
そのまま身体のどこかに何かが刺さると「アニメを観るフレンズ」になってしまうのだ。
元々「アニメを観るフレンズ」だったフレンズとともに、その安心感を、あるいは未だ観ぬ何かを求めて……何度も何度も……繰り返し、観てしまう。

その後は、一直線。
まるで危険ドラッグを吸引するようにーー
けものフレンズ』を摂取するようになる。

そして結論へ

ーーある時代。
キリスト教は、腐敗していた。
協会は「免罪符」を売りまくっていた。
その「免罪符」をカネで買いさえすれば、「罪は許される」と。

それに異論を唱えた一人の男が……
キリスト教を、変えた。
その男がドイツ語でわかりやすく訳した『聖書』は、民衆に広まり、現代ドイツ語の礎となった。

その男の名は、マルティン・ルター
宗教改革」を起こした男だ。

……『けものフレンズ』は、そこまでハードなアニメではない。もちろん。
だけど。
もしかすると。
アニメ世界に「革命」が起こったのかもしれない。

けものフレンズ』は、第一話以前、はっきり言ってかなり注目度が薄かった。
元ネタのゲームが終了していたことがネタにされていたくらいだったように記憶している。

が。
それは同時に、一切の「事前知識」や「アニメ特有の文脈」を必要としていないことも意味している。

「わーい!!」と、とりあえず叫べばいい。
たのしー!!」と、とりあえず叫べばいい。
「高らかに笑い笑えばフレンズ」だ。


革命と言わずして、なんと言う?
アニメが、アニメ視聴を前提としない「グループ」を作り出し。
それがTwitterという場で「グルーヴ」を生む。

まさにアニメ界の「反抗者(プロテスタント)」だ。


入門し、「アニメを観るフレンズ」になった者は、また新たなる「アニメを観るフレンズ」を創る。
言ってしまおう。


これはもう。

宗教だ。

誰をも拒まず、誰にも何も強いることのない、宗教だ。


「宗教」という表現に嫌悪感を催してしまう人もいるだろう。
念のため言っておくが……
これは純粋な賞賛だ。

真面目な話。
これは、Web時代のマーケティングとしてあまりにも素晴らしいモデルケースではないか。

「何も足さない、何も引かない。」というサントリーウイスキーの名キャッチコピーがある。
その名キャッチコピーに倣い、こう語ろう。

けものフレンズ』は……
「何も押し付けない、誰も引き止めない」。

あまりにも。
あまりにも、鮮やか。

最初にこのアニメを「新基準」と述べた意味が、そろそろお分かりいただけただろうか。

第一話時点でのニコ生アンケートを御覧いただきたい。

 そして、第四話。

 神の領域に達している。


もちろん、「洗練された信者しか観ない分上がっていく一方」という側面もあるだろう。
だが。
僕の大好きなかなりのカルトアニメである『聖剣使いの禁呪詠唱』の最終話でさえ80%の「とても良かった」率だ(第一話は40%)。
ベースとなる比較対象がコレだけだと心もとないが……
4話時点での95.7%がいかに異常かお分かりいただけるだろう。
当時かなり「一部の」カルト的人気を集めていた『聖剣使いの禁呪詠唱』でさえ80%なのである。

ただカルトであればいいわけではない。

誰しもを受け容れる寛容性と。
そのあとどこまでも進んでいける深さ。

その二つを平等に兼ね備えているからこそ、この領域にたどり着けるのだろう。

【追記】
……ある事実を、単純過ぎる事実を見逃していた。
コメントでの指摘で気付きました。ありがとうございます。

ーー洗練された信者しか、残っていない?
何という思い違いだ。

第一話の来場者数。

f:id:Mistclast:20170209225053p:plain

そして、第四話の来場者数だ。

f:id:Mistclast:20170209225124p:plain


何という、思い違いだ。
洗練された信者しか「残らない?」
信者が右肩上がりに増えているじゃないか。


やっぱり、みんなフレンズなんだね
たーのしー!!!!

【追記ここまで】

お読み頂き、ありがとうございました。


そうです。
ここまでお読みいただいた、あなたはもう。
立派な……
フレンズです。

ではまた次の記事で。
たのしー!!!

【追記】
最終話まで観ました。
この記事に対する一種の「アンサー」を書きました。是非とも。

mistclast.hatenablog.com

 



【合わせてどうぞ】
この記事よりドラッグ感の少ないあの花分析

mistclast.hatenablog.com


 今回と同じボリュームの分析

mistclast.hatenablog.com


 そもそもアニオタの在り方が変わってるっていうお話

mistclast.hatenablog.com