MistiRoom

それでも、何かを語るのだ

"This video has been deleted."で理解する初級高校英語

※この記事は全年齢向けです

ども、Mistirです。

実は僕、昔4年間塾講師のバイトやってた。

その時に何度も思った。

"This video has been deleted."で英語を解説できたら。
どれだけ楽だろう、と……

いや、この英文の意味は「この動画は削除されています」だ。
何ら解説に使ってはいけない理由はない。
理由はないのだ。

だけど、その、なんというか。
謎の圧力によって使えない英文だった。
何故でしょうね?

 

 

matome.naver.jp


その頃の悔しさを残したままにするのも嫌だから。
ネットの海に、残そうと思う。

"This video has been deleted."という例文一つで、初級中学英語〜中級高校英語の基礎まで、かなり広い範囲を網羅できるという素晴らしき事実を。

この記事の内容を完璧に理解できたら、かなり周囲に差を付けられるぞ!高校生たち!!!
途中までは中学生にも分かるように噛み砕いていくぞ!!!

※Mistirは英語の専門家ではないので、誤り等ありましたらご指摘頂けると幸いです。

マジメな解説

さて。
かなり長い解説になるから、お茶でも用意してゆっくり読んでくれよ!
(Mistir先生モード)


長い前置き

まず、英語の動詞っていうのは、実は……
二種類しかないんだ。

厳密にはもっと分けることができるんだけど、二種類。
・他動詞
・自動詞

これだけだ。
ついでに、「他動詞にも変身できるし、自動詞にも変身できる動詞もいる」っていうことを覚えておくと尚更良いね。

でね。
学校ではコレ、結構さらっと流されちゃう。
だから、案外高校生でも「完璧に理解」してる人は少なかったりする。

だけど、簡単だ。
是非ここでマスターして欲しい。

凄くシンプルに言うと、
日本語に訳した時に「を」が出てきたら、それは「他動詞」だ。
出てこなかったら、自動詞。

コレだけ?
ホントに、コレだけ。

だからこれから英語を勉強する時は、絶対に「〜を◯◯する」の形で覚えておいたほうがいい!
例えば今日紹介する

delete

は、「削除する」っていう意味の単語なんだけど、できるなら
「〜を削除する」
で覚えておいたほうが、後々役立つゾ!!!

さあ、話を戻そう。

さっき言った
「他動詞にも変身できるし、自動詞にも変身できる動詞もいる」
っていう代表的な単語が、

"open"

だ。

I open the door.

訳すと、「私は(その)扉を開く」だ。
「〜を開く」だね。つまり、この"open"は他動詞。
ちなみにこのとき「〜を」の「〜」にあたる部分を、「目的語」と呼ぶ。この場合、"the door" が目的語。余力があったら覚えようね。

じゃあこっちは?

The door opens.

「(その)扉が開く」
そう、この場合は自動詞。

※ちょっと話がズレるけど、「あれ、じゃあ"The door is open."って何?」って思われた人もいるかもしれない。これは「動詞じゃなくて形容詞のopenだよ」っていう説明ができるんだけど、ここは今回はスルーします。読み飛ばしてオッケー。

さて。

ここまで長々語ったけど、「それの何が大事なの?」って思われてるかもしれない。
でも、実は結構大事なんだ。

例えば、下の例文、訳せる?

"I run the school."

これ、中学生レベルの単語しか使ってないよね?
でも、多分中学生の大半が「私は学校で走る」って訳しちゃうと思うし、ちょっと鋭い中学生ならこう指摘するかもしれない。
「あれ?"in"が抜けてる?」

高校生のみんなは、訳せるよね。

他動詞としての"run"。
意味は……「〜を経営する」だ。

つまり、上の英文を訳すとこうなる。

「私はその学校を経営しています」
経営者になっちゃったね!学校で走ってる人とは大違いだ。
※ちなみに、I like him.なんかを「私は彼が好き」と訳した時、「を」は登場しないけど……このlikeが他動詞であることは、もう説明不要だよね。

……さあ!ここまで理解できたかな?

そろそろ本題に入るよ。
"This video has been deleted."だ。


This video has been deletedについて

さあ。最初から構築してみよう。

この例文で知って置かなければならない単語は、
・video
・delete
の二つだけ。便宜上、videoは「動画」と訳そう。
deleteはさっき言ったように「〜を削除する」だ。

さて。
英文を解釈する時、その「ベース」は何になっているのか考えると、英作文の練習にもなる。

「ベース」っていうと難しいけど、簡単に言えば……
「私は◯◯を☓☓します」とか、「私は☓☓します」の形に直してみよう、ということだ。

さて。
"This video has been deleted."の「ベース」を取り出してみよう。

"I delete this video."
私はこの動画を削除する

どうだろう。
これなら、中学生でも理解できるだろう。

さて。
この例文を受動態に直してみると?簡単だ。

"This video is deleted (by me)."
この動画は私に削除される

ここで、先程長々と語ってきた「他動詞」と「自動詞」の考え方が生きてくる。
実は、「自動詞」は、受動態に変換できない。
例を挙げよう。

Q:以下の例文を受動態にしなさい
"The door opens."

答えは簡単。

A:できません。

ここで、
"The door is opened."じゃないの?って思った人もいると思う。
だけど残念、それは
"I(You) open the door."を受動態にした形だ。

そう。
自動詞は、「受動態にできない」。何故って?
「〜を」の部分を「〜が」に変換するのが受動態への変換だから、「〜を」が存在しない自動詞の英文は受動態にできないんだよね。


さあ。
先程の英文
I delete this video.
を受動態にしてみよう。

This video is deleted by me.
この動画は私によって削除される。

これで受動態は完璧だ!!!

さて。
少しずつ、「時制」の話をしよう。

I delete this video.
私はこの動画を削除する。

これ、以外と難しいよね。
「あれ?現在進行系とはどう違うの?」って。
"I am deleting this video."とどう違うの、って。

deleteを進行形にするのは……なんというか。ニュアンス的には……
「ちょっと話しかけないでくれ!!!私は今現在この動画を削除するのに必死なんだ!!!!今私は動画を削除しているゥゥ!!!!!」
くらいの意味だ。相当誇張しているけど。
とにかく、「今、やっているんだ!!」くらいの意味になる。

一方、
"I delete this video."
は文脈次第で相当広いニュアンスを網羅してくれる。

「俺の動画が無断転載されてる……とりあえず片っ端から『削除する』わ。」
っていう、ゆるーい未来のニュアンスから
「毎週毎週無断転載されるの。その都度削除するけど」
っていう習慣のニュアンス。
「あー、今削除申請中」
っていうゆるーい現在進行形のニュアンスまで。

厳密にやらないのであれば、幾らでも表現できる。
でも、それだとできないこともあるのね。

それを今から説明していくぜ。

過去形と現在完了

さあ、順に行こう。

I delete this video.
私はこの動画を削除する。

を、昔の話にしてみよう。
簡単だ。

I deleted this video.
私はこの動画を削除した。

日本人的な発想だと、これを受動態にして

This video was deleted.

でええやん!ってなるよね。
何故 has beenを使ってるの?っていう話なんだけど……

さあ、ここからが面倒な話になるぞ。

実は、日本語には「厳密な意味での完了表現」がないのだ!!
だから、代わりに学校では「〜してしまった」のような表現を使っている。
っていっても、難しいよね。

簡単に説明しよう。

例えば、以下のような一文から始まる小説があるとする。
「彼は昔、医者ではなかった。」
誰でも察するんじゃないかな。
「ああ、今、彼は医者なんだ」って。


そう、これが「過去」の考え方。
"He was not a doctor." っていうのは、そういうニュアンスなんだ!
あくまでも「現在と繋がっていない、過去」に過ぎない。

じゃあ
"He hasn't been a doctor (since ...)."

この英文のニュアンスは?

日本語では
「彼は(◯◯以来ずっと)医者ではない。そして今でも変わらず医者ではない」
っていう長い一文での説明を、上の英文は一撃で表現してるわけだ!!!

これで分かってもらえたと思う。
完了表現は、日本語で表現すると、どうしてもまどろっこしくなってしまう。

でも、理解するためのポイントは簡単!

あくまでも、現在完了は「現在の話」だ。
過去のある時点で起こった出来事、事実が……
今現在もそうであるという「線」のお話。

一方、過去形は?
「点」のお話だ。

だから現在完了は絶対に"when(〜のとき)"と一緒に使ってはいけない。
whenは「点」を表現するからね。

さあ、ここまで踏まえて最後まで駆け抜けようか。

I deleted this video.
私はこの動画を削除した。

この過去形の英文を、「現在に繋がる英文」に変えてみよう。

I have deleted this video.
私はこの動画を削除した。今現在もこの動画は削除された状態だ。

そして、最後に受動態に変えてみよう。

現在完了を受動態に変える時は

主語 have(has) 過去分詞 目的語 
→目的語 have(has) been 過去分詞 by 主語(目的格)

っていう堅苦しい形で丸暗記してもいいんだけど、できたら理屈で覚えよう!

まず、
I have deleted this video.
の目的語、

This video

を先頭に持ってくる。

その次に持ってくるのは、have(has)だ。
受動態の考え方より前に、とりあえず「現在完了を表現するためのhave」を先に持ってくるってことね。

This video has

さて。
ここで受動態にしたい。
受動態の基本は、「be動詞 + 過去分詞」だよね。
でも、完了系のhaveの後は、必ず……
過去分詞が来る。

ってことは?
そう!

「have + be動詞の過去分詞 + 過去分詞」

だ!!!
そして、「誰によって削除されたか」を一々表現する必要が無い時は、「by」をくっつける必要はない。
「運営によって削除された」「権利者によって削除された」は一々表現する必要がないから……

これで、英文が完成だ。

This video has been deleted.
この動画は削除され、現在閲覧できません。



f:id:Mistclast:20170130145235j:plain


テーレッテレー!!!!!

 



……更に先、「未来完了系」とかも説明したいトコロだけど、今日はとりあえずここまで。
気になることがあったらTwitterで聞いてください、なるべく答えます!

あー、久しぶりに塾講師時代に戻った気分になってすっきりした……
あの頃はこの説明、時間もないし、いろいろな意味でしたくてもできなかったからなぁ……

ではまた次の記事で
お読み頂きありがとうございました。