MistiRoom

旅することと語ること。自由であること。

古賀茂明の発言と、それを擁護する無茶過ぎる某メディア

こんにちはMistirです。
古賀茂明氏の発言というか、放送テロが話題になってますね。

で、たまたまこんなの見つけたんです。

lite-ra.com


僕、以前もこのリテラってサイトのことボロクソに言ったことあるんですよ。

ch.nicovideo.jp

こっちは笑えるんですけど、なんというか、古賀茂明氏の方はそれよりも「怖い」って感情が先にくる。

 古賀茂明氏が『報道ステーション』で「I am not ABE」発言をした少し後の2月某日、菅は会見の後のオフレコ懇談ではっきりと、古賀バッシングを口にしているのだ。その「オフレコメモ」を入手したので、ここに紹介しよう。

まず、オフレコメモってどこから手に入れたの?
この時点でそれを明かさないっていうのが無茶苦茶。
第一、オフレコだったら「バッシング」って言えるの?
まあ、1億歩譲ってそれはよしとしましょう。いや、本当に1億歩くらい譲ります。

で、その「オフレコ」メモがこれ。

(オフレコ)

Q 会見で出た、ISILの件でまったく事実と違うことを延々としゃべっていたコメンテーターというのはTBSなんでしょうか。
A いやいや、いや、違う。
Q テレビ朝日ですか?
A どことは言わないけど
Q 古賀茂明さんですか?
A いや、誰とは言わないけどね。(※肯定の反応)ひどかったよね、本人はあたかもその地に行ったかのようなことを言って、事実と全然違うことを延々としゃべってる。放送法から見て大丈夫なのかと思った。放送法がある以上、事実に反する放送をしちゃいけない。本当に頭にきた。俺なら放送法に違反してるって言ってやるところだけど。

 どうだろう。これは古賀氏が『報ステ』発言の動機として説明したことと完全に合致する。古賀氏は『IWJチャンネル』でこう語っていた。

官房長官は名前は出さないけど明らかに私を攻撃してくる。『俺だったら放送法違反だと言ってやったのに』と言ってるという話も聞いている。官房長官という政府の要人が、放送免許取り消しもあるよという脅しですよ」

 ようするに、嘘をついていたのは古賀氏でなく、菅官房長のほうなのだ。

 

……んん!?
えっと……ええ!?
これを根拠に、バッシングを受けたって言うの?

っていうか、1億歩、いやもっと譲ってこれを実際に官房長官が言ってたにしてもさ、すっげー配慮した言い方だよね。「俺なら放送法に違反してやるって言ってやるところだけど(実際には何もしていない、何もできない)」ってことだし。
で、これを根拠に「バッシングを受ける」と言った古賀茂明を養護しながら、官房長官を嘘つき呼ばわりするのは、なんというか、すっげー卑怯だ。腐臭が漂っている。


別にさ、このサイト自体を否定するつもりはないんだよ。

どこでも絶賛されてる『7つの習慣』が今まで受け入れられてきた文脈を考えた上で批判してるこの記事とか、かなりいい記事だと思ってる。
あまりこういうことを言うサイトってないんだよね。

lite-ra.com

 

だけどさ、リテラさん。こりゃ駄目だよ。今回のは駄目。
どう頑張っても「古賀茂明の暴走」でしかない。今回の騒動は。
政府叩きたいがために、間違ってるものを正しいと言い張ってもダメだ。

で、この記事をTwitterで検索すると絶賛してる人が多いんだよね。

なんつーか、もう、怖い。
なんというかさ、この世には「相手が何を言っても、論理的繋がりとか無視して、相手が嫌いであるがゆえに、その言葉を自分たちの武器にしちゃう人たち」がいるんだなって思ってしまう。

政治のことを考えると心が殺伐として、嫌なもんだね。

ではまた次の記事で。次の記事はさわやかなことを書きたい!